今回は旭川エリアで見つけた、さまざまな高性能住宅をご紹介。シンプル&ナチュラルテイストの中にも、住まい手のセンスや、工務店の丁寧な仕事ぶりが伺える住まいを厳選しました。

[case1:家族を優しく包み込む北欧カラーが印象的な住まい]

共働きなので家族で過ごす時間を大切にしたいと考えていたNさん夫妻。家族がもっとも長く過ごすLDKは、Nさんが現地で育んだ感性を活かしつつ、北欧カラーでまとめた上質な居住空間に。勾配屋根を活かした高い天井は開放感をもたらし、ナラの無垢フローリングや塗り壁、キッチンの石材など、質感の心地よさが家族の時間を穏やかに包み込みます。家事をしながら眠る子どもを確認できるようにとリビング横に和室を設置。絶妙な色使いで和洋の空間が調和しています。

◎旭川市・Nさん宅 夫婦30代、子ども1人
◎設計・施工:アクト建築工房(株)
▶Nさん家族の北海道・旭川市での「家族を優しく包み込む北欧カラーが印象的な住まい」の暮らしぶりはこちらから

[case2:家中がアスレチック!親子で立体的に空間を楽しめる自然素材の家]

「子どもたちが全身で楽しめるような家にしたい」というMさんご夫妻の希望がカタチになった住まい。大きな吹き抜けに張られたアスレチックネットをはじめ、1階と2階にはそれぞれブランコを設置。さらに2階の壁の一部はボルダリング壁になっており、最上階となるロフトまで、壁やネットを使って登ることができます。フリースペースには大きなスクリーンも設置し、映画鑑賞やゲームを楽しめるのも魅力。また、肌の弱い息子さんのために、スギの無垢フローリングや漆喰の塗り壁など、自然素材にこだわっています。

◎深川市・Mさん宅 夫婦40代、子ども2人
◎設計・施工:(株)森栄建設
▶Mさん家族の北海道・深川市での「家中がアスレチック!親子で立体的に空間を楽しめる自然素材の家」の暮らしぶりはこちらから

[case3:優しい木の香りに包まれる、片流れ屋根の平屋]

仕切りが少なく、家族の気配を常に感じられる家を希望して建てられた、片流れ屋根が印象的な平屋の住まい。LDKとフラットにつながる和室や、家族と会話できるアイランド型のキッチンなど、その居心地の良さを詰め込みました。さらに、冬は薪ストーブをはじめ、LDKの大開口から降り注ぐ光と高い断熱性能のおかげで暖かく、夏には屋根付きのウッドデッキと庭先の木々が日射を適度に遮ってくれます。「冬暖かく、夏涼しい」快適なお家です。

◎旭川市・Sさん宅 夫婦30代、子ども1
◎設計・施工:(株)芦野組
▶Sさん夫妻の北海道・旭川市での「優しい木の香りに包まれる、片流れ屋根の平屋の住まい」の暮らしぶりはこちらから

[case4:多様な素材を上手に使い分けた、ハイセンス&シンプルスタイル]

「無垢材や自然素材をセンスよく使った家づくりがしたい」という希望のもと、すっきりとした印象の住まいを手に入れたご家族。キッチンには質感はもちろんお手入れも簡単で耐久性の高い石素材や輸入タイルを用い、使い勝手とメンテナンスの両方に配慮。1階はナラの無垢フローリングを使い、2階は構造材を床と壁に使用するなど、実用性とコストバランスを考え抜いた素材の使い分けで、全体の雰囲気をまとめています。

◎旭川市・Yさん宅 夫婦30代、子ども1人
◎設計・施工:アクト建築工房(株)
▶Yさん夫妻の北海道・旭川市での「多様な素材を上手に使い分けた、ハイセンス&シンプルスタイル」の暮らしぶりはこちらから

[case5:丁寧な造作が生きる!木のぬくもりに安らぐ高断熱・高気密の家]

塗り壁のホワイトと無垢材のナチュラルな色を基調にしたEさんご家族の住まい。建具や収納家具のほか、キッチンの背面収納・ダイニングテーブルに椅子までもが、新濱建設の職人の丁寧な造作によるもので驚くほど統一感があります。奥さんはキッチンに立つたびに、収納とパントリーの勝手の良さに感動し、訪ねてくる友人にも誇らしく話してしまうとか。外から家に帰るたびに外気温との差に断熱・気密性の高さも実感できます。

◎東神楽町・Eさん宅 夫婦30代、子ども2人
◎設計・施工:シンハマホーム(有)新濱建設
▶Eさん夫妻の北海道・東神楽町での「丁寧な造作が生きる!木のぬくもりに安らぐ高断熱・高気密の家」の暮らしぶりはこちらから

Replan北海道では、定期的に旭川で建てられた住宅実例と家づくりに関するレポートも掲載しています。
興味がある方は、ぜひ雑誌もチェックしてみてくださいね。

(文/Replan編集部)