新型コロナウィルスの感染が日本各地で広がっていますが、北海道でも週末に2度目となる緊急事態宣言が発令されました。不要不急の外出をしないようにする、ソーシャルディスタンスを守るなど感染を広げないために必要なさまざまな行動が求められていますが、やっぱり基本はこまめな「手洗い・うがい」です。

「家に帰ったらまずは洗面所で手洗い・うがい」という行動パターンが身につき始めている人も多いでしょうが、洗面所へ行くにあたってコートを脱いだり、ドアを開閉したり、照明をつけるのにスイッチを押したりと、手を洗う前にけっこういろんなところを触りがち。結果、除菌を徹底しようと思うと、自分の行動を辿って触ったと思しきところをすべて消毒してまわる、という手間もかかります。

そこで今回は、玄関に入ってすぐのところに洗面台や手洗い場のあるお住まいの事例をいくつかまとめてご紹介しましょう。


玄関入ってすぐ目の前に手洗いボウル

こちらは、玄関に入るとすぐ目の前に手洗いボウルがあるお住まい。空間の雰囲気に合わせた水栓やタイルで、インテリアの一部としてコーディネートされています。これならバッグや荷物を床に置いて玄関土間に立ったまま即座に手洗いができて安心ですね。

玄関に入るとすぐ目の前に手洗い場
玄関に入るとすぐ目の前に手洗い場
リビングへは玄関からすぐにアクセスできる間取り
リビングへは玄関からすぐにアクセスできる間取り

2WAY玄関で、目の前に洗面台

2WAYに動線を分けた玄関で、すぐ近くに手洗い場があるお住まいもあります。シューズクロークにコートハンガーがあれば、まずそこで上着を脱いで掛けられ、玄関に上がったら手洗い・うがいをして居室へ、と自然な流れに沿った動きになるので、室内にウィルスを持ち込まないための行動が徹底しやすそうです。もちろんこれは、風邪やインフルエンザの予防、花粉症対策としても効果的で理にかなっています。

2WAY玄関の目の前に洗面台。タイル張りのアクセントウォールが、空間のアクセントにもなっている
2WAY玄関の目の前に洗面台。タイル張りのアクセントウォールが、空間のアクセントにもなっている
テラコッタの床とアールの出入り口が目を引く玄関
そのすぐ隣にシンプルな手洗いスペース。ドット柄のアクセントウォールで可愛らしさを演出

広い土間の一角に洗面台

薪ストーブがあって広い土間を設けたこちらのお宅では、土間の一角に洗面台を配置しています。ウィルス対策としては帰宅して靴を脱ぐ前に手が洗えますし、日常的にも薪ストーブの掃除で煤がついたり、薪を運び込んで汚れたりした手を洗うのに便利そう。土間なので水はねやちょっとした汚れを気にすることなく、外仕事の道具やお子さんの靴などをクリーニングすることもできます。また玄関から上がってすぐ目の前にはコート掛けも。ご家族の暮らしに合ったとても機能的なつくりですね。

土間側に設けた洗面台は、より多目的に使えて便利
土間側に設けた洗面台は、より多目的に使えて便利

玄関入ってすぐに洗面台&カーポートにも水道

「帰宅した家族が、リビングに入る前に手を洗えるように」との希望で玄関とリビングの間につくられた造作の洗面台。またこのお宅の場合は、アウトドアが好きなご主人のために、釣った魚をさばいたり、アウトドア用の道具を洗ったりするための水場がカーポートの一角にあります。今時期のように屋内にウィルスを持ち込まないことを徹底したい場合は、とりあえず外の水道で手洗い・うがいを済ませて家に入る、というのも手かもしれません。

帰ってすぐに手洗いできるよう、リビングの手前につくられた造作の洗面台
帰ってすぐに手洗いできるよう、リビングの手前につくられた造作の洗面台
アウトドアが好きなご主人用にカーポートの一角に設けた水場
アウトドアが好きなご主人用にカーポートの一角に設けた水場


玄関のすぐ近くに洗面台がある間取りは、現在のような非常時はもちろん、先に触れたように風邪・インフルエンザの予防や花粉症対策、ライフスタイルによってはより暮らしやすい日常のためにも有効です。これから家づくりを考える方はぜひ参考にしてみてくださいね。

(文/Replan編集部)

こちらも併せてご覧ください↓
パターンはさまざま。「玄関近くに洗面台」の手洗いしやすい間取り