いごこちの科学 NEXT ハウス

さらなる省エネ・省CO2が住宅の重要なテーマとなる寒冷地。 本企画は、独自の視点から住宅性能研究の最前線を開いている、東京大学の気鋭の研究者・前真之准教授に、「いごこちの科学」をテーマに、住まいの快適性能について解き明かしていただきます。 シーズン1に続く第2弾として2015年からは、それまでの連載の発展形「いごこちの科学 NEXT ハウス」としてリニューアル。
「北海道・寒冷地の住宅実例から考える室内環境について」をテーマに、断熱、開口部、蓄熱など、さまざまな視点から 寒冷地における室内環境の改善ポイントを解説しています。

東京大学大学院工学系研究科
建築学専攻・准教授
前 真之 (まえ・まさゆき)

この連載では、暖冷房を中心にお話をしてきました。今回はちょっと趣向を変えて、「給湯」をとりあげてみましょう。地味に見えますが日本人は特にこだわりのあるこの用途。実は皆さんの財布と健康にとって、とても大事なのです。

エネルギーを一番使っているのは何?

家の中では家電・照明・冷房・暖房・給湯など、様々な用途にエネルギーが消費されています。皆さんは「家の中で一番エネルギーを使っている用途は何?」と聞かれたら、どの用途と答えるでしょうか。

図1をご覧ください。東京理科大の井上隆先生が調査した結果では、「暖房」「冷房」と答えた人がそれぞれ4割。逆に給湯や家電と答えた人はごく少なくなっています。でも現実は大きく異なります。電気・ガス代からの推定では、寒冷な北海道や東北ではやはり暖房が多いものの、人口の集中する関東などの温暖地では給湯が最大級のエネルギーを消費しています。 

図1 一番エネルギーを使っている用途は何? 
「エネルギーを最も使っていると思う用途」を質問すると、ほとんどの人は暖房か冷房と答えます。しかし実際には、給湯の方が冷房よりもはるかに大きいのです。特に関東のような温暖地では、給湯は暖房よりも大きいのです。

なぜ給湯は気づかれない?

給湯のエネルギー消費が非常に大きい……というのは、実は新しい話でも何でもありません。筆者がいたいけな(?)学生だった20年近く前から、すでに専門家の間では当たり前の「常識」でした。では、なぜみんな気づかないのでしょうか。

筆者の推測ですが、たいがいの人は「電気代は月1万円。ガス代は月5千円」。とかいうオーダー感覚をもっています。それが夏や冬に急に増えるので、「やっぱり冷房や暖房は控えなきゃ!」となるのでしょう。ですが本当は図2のように、年間を通じて発生する照明・家電や給湯こそ肝心です。

図2 なぜ暖冷房ばかりが気にされるのか
暖房・冷房は冬と夏に電気・ガス代を増やすため、負担感が大きく感じられます。給湯や照明・家電はベースにまぎれているので、なかなか気づかないと思われます。

人間というのは「変化」には敏感な一方で、「安定」には鈍感です。日本では省エネが夏前か冬前の「季節のイベント」となっている感がありますが、それでは年間を通して発生する肝心な部分を見逃してしまいます。

日本人のお湯好きは世界一?

実は世界の中でも、日本人は給湯にたくさんエネルギーを使っています。図3に欧米と日本を用途別に比較しました。何も考えていないアメリカはともかくとして(失礼!)、フランスやドイツの給湯消費エネは7GJ。日本の15GJよりずっと少ないことが分かります。

図3 各国の住宅2次エネルギー消費の内訳(出展:住環境計画研究所)
イギリスやフランスなどヨーロッパとくらべても、日本人の給湯の消費エネルギーはかなり大きくなっています。浴槽入浴や皿の手洗いなど、日常生活の中で湯を使う行為が多いことが主因です。

なぜ日本人は給湯にエネルギーを使っているのか?これは単純にお湯をたくさん使っているからです。欧米人は朝にシャワーを浴びるだけで、食器を洗うのも洗浄機まかせ。一方の日本人は浴槽入浴が今でも大好きですし若い人はシャワー出しっぱなし、食器洗いの時も手洗い……ですから、湯消費が多いのは当たり前。だから給湯のケアが重要となるのです。

筆者は以前に薪風呂を試しましたが(図4)、水やら薪やらを人手で準備するのはオオゴトでした。母親から風呂焚きは子どもの仕事だったと聞くと、昔に生まれないで良かったとつくづく感じます。給湯の「重さ」を感じるためにも、皆さんもぜひ一度は薪風呂をお試しください。

図4 お風呂はつらいよ?
筆者の研究室合宿で、ポータブルの薪ふろを試している様子です。180リットルの水を30度昇温に必要な熱量(ジュール)は約23MJ。薪1kgの熱量は約16MJなので、熱効率50%とすると3kg近い薪が必要となり、薪拾いや薪割りの労力もバカになりません。

幸い現在では、給湯の省エネにはさまざまな方法があります。以下では、給湯設備と水まわりの注意点を見ていきましょう。

次のページ 風呂釜・湯沸器からシステムへ給湯機変遷の歴史