無理のない予算、限られた敷地でも実現できるマイホームをお届けしたい。そんな思いから、10年前の設立以来、アイ建築工房では平屋造りのコンパクトハウスを提案してきました。近年は、デザインや住まい方により強くこだわりを持つお客様のためにさらに一歩先ゆく、上質な平屋の住まいづくりにも取り組んでいます。

お手本は「普遍的な形である自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするデザイン」の大切さを唱えた近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライト。アイ建築工房は、帯広市清流地区にライトの精神を受け継いだモデルハウスをオープンさせました。

レンガを用い、水平ラインを強調した寄棟平屋造りの建物は、重厚な佇まい。建物との調和を大切に設計された外構も見どころの一つ
レンガを用い、水平ラインを強調した寄棟平屋造りの建物は、重厚な佇まい。建物との調和を大切に設計された外構も見どころの一つ

この新しい試みは、代表取締役の太田好啓さんが5年前にライトの有機的建築を採用した「オーガニックハウス」と出会ったことが、きっかけで始まりました。「100年経っても色あせないライト建築のように、長く大切に住み継がれる住まいを帯広でも紹介し、広めたい」。その思いを実現するため、アイ建築工房はアメリカのフランク・ロイド・ライト財団から日本で唯一認定された日本オーガニックアーキテクチャーの正規登録会員になりました。

オーガニックハウス・ラッタンバリーの認定の証であるオーナーズプレート
オーガニックハウス・ラッタンバリーの認定の証であるオーナーズプレート
リビングで存在感を放つスタンド照明は、ライト・デザインのタリアセン2。木の質感を生かした光の造形は、今なお愛されるロングセラー
リビングで存在感を放つスタンド照明は、ライト・デザインのタリアセン2。木の質感を生かした光の造形は、今なお愛されるロングセラー
寝室に置かれたベッドライトも、ライトが自邸建築のために自らデザインしたタリアセン1ミニ
寝室に置かれたベッドライトも、ライトが自邸建築のために自らデザインしたタリアセン1ミニ

モデルハウスは、ライトの「有機的建築」の粋を集めたオーガニックハウスの代表的なモデル「ラッタンバリー」を、アイ建築工房らしくコンパクトにアレンジした平屋住宅。レンガをメイン素材に用いた外構、緑の庭も建物の一部としてプランニング、施工されました。

昼はハイサイドライトからこぼれる自然光、夜は間接照明の陰影が心地よい広がりをつくりだすリビング。テレビボードはレンガと天然石で造作した。開口の向こうには、同じ素材を用いて内外のつながりを演出する意匠が施されている
昼はハイサイドライトからこぼれる自然光、夜は間接照明の陰影が心地よい広がりをつくりだすリビング。テレビボードはレンガと天然石で造作した。開口の向こうには、同じ素材を用いて内外のつながりを演出する意匠が施されている
3連窓とアール壁を採用したダイニング。巾木もアールに自然に寄り添うよう材を加工した
3連窓とアール壁を採用したダイニング。巾木もアールに自然に寄り添うよう材を加工した
ライトの意匠にマッチするステンドグラスのペンダントを採用したダイニング。キッチンとの間仕切りレンガ壁にも、間接照明を設置
ライトの意匠にマッチするステンドグラスのペンダントを採用したダイニング。キッチンとの間仕切りレンガ壁にも、間接照明を設置
リビングと一体化させたキッチン。レンガやナラの質感を生かした仕上げを施し、採光窓や間接照明を採用することで、インテリア性を高めた
リビングと一体化させたキッチン。レンガやナラの質感を生かした仕上げを施し、採光窓や間接照明を採用することで、インテリア性を高めた

「厳格な規定に基づいて、建具やステンドグラスなどの意匠もアイ建築工房でデザインし、関係機関の認定をいただいています」。また、美しさと同時に、十勝の気候風土にマッチした室内環境を実現できるよう、独自の基礎断熱工法・P2工法を採用し、住宅性能を高めています。

玄関と書斎に用いられたステンドグラスは、アイ建築工房でデザインを起こし、財団の許可を得て、地元の工房で制作したオリジナル
玄関と書斎に用いられたステンドグラスは、アイ建築工房でデザインを起こし、財団の許可を得て、地元の工房で制作したオリジナル
外とのつながりを意識し、ステンドグラスや天然石、レンガを用いた玄関。ガラス越しに染み込む光の移ろいによってさまざまな表情を見せる
外とのつながりを意識し、ステンドグラスや天然石、レンガを用いた玄関。ガラス越しに染み込む光の移ろいによってさまざまな表情を見せる
玄関横にレイアウトされた洋室は、L字にレイアウトした開口と、庭へ直接アクセスできる掃き出し窓を設置。庭の四季を身近に感じられる空間に仕上げた
玄関横にレイアウトされた洋室は、L字にレイアウトした開口と、庭へ直接アクセスできる掃き出し窓を設置。庭の四季を身近に感じられる空間に仕上げた

天井高を抑え、内と外のつながり、採光を意識して設計された空間は、平屋とは思えぬ広がりを感じさせます。ライトが唱えた「有機的建築」をガラスや天然石、レンガ、木などの自然素材で表現した住まいは、十勝の四季を五感で味わうことができると、住まいにこだわりを持つ人の注目を集めています。

ファサードのポイントにもなっている優美なアールの内側は、書斎。その曲線に添うように、両サイドにステンドグラスを配した連続窓をしつらえ、デスクを造作した
ファサードのポイントにもなっている優美なアールの内側は、書斎。その曲線に添うように、両サイドにステンドグラスを配した連続窓をしつらえ、デスクを造作した
庭の緑や光を採り込む開口を設けた主寝室は、アイ建築工房でデザインを起こしたヘッドボードをシンプルな空間のアクセントに
庭の緑や光を採り込む開口を設けた主寝室は、アイ建築工房でデザインを起こしたヘッドボードをシンプルな空間のアクセントに
ガラスで間仕切りした洗面、バスルームは開放感たっぷり。自然光の中で入浴が楽しめるよう、バスルームにも開口を設けた
ガラスで間仕切りした洗面、バスルームは開放感たっぷり。自然光の中で入浴が楽しめるよう、バスルームにも開口を設けた

長い歳月を越えて今なお愛され続けるライト建築にならった本物志向のコンパクトハウスもまた、十勝の大地にしっかりと根付き、住み継がれていくことでしょう。自然素材を生かし、細部まで意匠を凝らした建物の心地よさを、モデルハウスを訪ねてお確かめください。

外観

設計・施工:(株)アイ建築工房
帯広市西19条北1丁目5-15
https://i-kenchikukoubou.jp