工務店、建築家、ハウスビルダー……etc. 家づくりをお願いできる会社はとても多く、WEBサイトや雑誌などで各社が得意分野や技術をアピールしていますので、いざ家づくりをはじめようとしたときに、どこに頼んでよいのか迷ってしまう方も多いのでは? ここではそんな家づくりの依頼先について、それぞれの特長や、何を強みにしているのかをわかりやすくお伝えします。

小回りが利く、地域密着型/工務店・施工会社との家づくり

地域ビルダーとも呼ばれる住宅をつくる会社です。その昔は地元の大工さんが家をつくっていた日本では、今一番近い存在として家づくりをサポートしてくれるのが工務店と言えます。

エリアをある程度限定することで、家づくりのはじめから完成後までのケアも大切にできることが強みで、北海道と東北エリアでは特に、住宅性能の知識について勉強熱心な姿勢の会社が多く、高断熱・高気密やパッシブデザインに対する造詣が深い会社も多いのが特徴です。

工務店との家づくり
工務店との家づくりの例(写真2点とも)
地元に根ざしていることで、住み手との関係も密接。ていねいな仕事ぶりで実績や評判も高い。Replan北海道121号巻頭特集・誰と建てる?「土地を生かしきる個性ある提案が導いた後悔のない家づくり」設計/SUDO設計、施工/SUDOホーム(須藤建設株式会社)

また、地域に根ざしていることで、地元の木材などを利用したり、大工をはじめとする地元の職人を専属で抱えていたり、造作家具を得意としたりと、その土地ならではの売りをもっているのも特徴のひとつ。

会社の規模は小さいところが多い分、フットワークが軽く、家づくりに対しての要望を細かく聞いてくれるメリットもあります。

デザイン性と独自の世界観が魅力/建築家との家づくり

設計者や建築士とも呼ばれる、個人または組織で設計・監理を行う建築の専門家です。国家資格の建築士免許(1級建築士など)を持っていることで、家づくりに関する設計図書の確認申請などができます。

住宅設計が得意な建築家は、それぞれでデザインの傾向や取り入れる住宅性能について深く独自の知識を身につけていることが多いので、自分たちの好みにあった建築家を選ぶことがとても大切かつ、建築家との家づくりの醍醐味でもあります。

建築家との家づくりの例(写真2点とも)
高いデザイン力と、暮らしから導く独自の快適性の追求で、オリジナリティあふれる空間を実現している。Replan北海道121号巻頭特集・誰と建てる?「木々と一緒に豊かな年輪を刻む森の住まい」設計/株式会社照井康穂建築設計事務所

また、変形敷地や傾斜地、狭小住宅といった難ありの条件下で実力を発揮するのも、建築家の得意とするところ。さらにインテリアや造作家具なども含めたトータルデザインに長けているのも魅力のひとつです。

安心と信頼のスーパー工務店/ハウスビルダーとの家づくり

建築家とハウスメーカーの良いところを持ち、地域・エリアに根ざした家づくりを行っている住宅会社をリプランでは「ハウスビルダー」と呼んでいます。

会社としての規模はさまざまですが、設計と施工の一貫した管理体制や、竣工後のアフターケアに対する体制といったメーカーとしての側面と、注文住宅のプランニングにおけるデザイン提案や素材使いなどの多彩さといったデザイナーとしての両面をバランスよく持っているのが特長です。

ハウスビルダーとの家づくりの例(写真2点とも)
確かな信頼と高レベルの施工技術などで、どんな世代の暮らしにも最適な家づくりを実践。Replan北海道121号巻頭特集・誰と建てる?「10年後も変わらず美しく心地よい家」設計・施工/ケント・ハウス株式会社

住宅性能に対する保証はもとより、自社開発やメーカーとの提携によって、独自の建材や設備などが用意されていることもあり、性能とデザインを両立させた家づくりを安定供給できる点もハウスビルダーの強みです。

テレビCMや住宅展示場の常連!/ハウスメーカー、パワービルダーの家づくり

ハウスメーカーは、テレビCMなどでもみなさんよく知っている、全国展開している規模の住宅メーカーを指すことが多く、大型の住宅展示場でも常連組。

住宅資材を大量生産できる自社工場や自社管理の山林所有など、企業としての規模も大きいのが特長です。注文住宅のほか、企画型住宅などの自社ブランド商品を持ち、住宅の品質と供給が安定している反面、条件のよくない敷地や予算交渉に対しては不向きな傾向があります。

パワービルダーは、主に分譲戸建て住宅を手がける建売住宅会社のうち、年間棟数が1,000戸を超える規模の会社のこと。

生産効率を高めることと、住宅資材や土地などの大量購入によって、土地と建物をセットでかつ比較的安価で販売できるのが強みです。工期が短いことを売りにする会社も多く、立地条件や予算が合致する場合は良いのですが、規模やデザインが画一的なためデザインや性能にこだわりが強い人には向いていません。


いかがでしたか? 家づくりの依頼先はたくさんあり、どこに頼んだらいいかは誰もが悩むところですよね。性能も大事だけどデザインも捨てられない。かといって使い勝手は重視したいし、長く安全にも暮らしたい。求める暮らしのイメージや諸条件、優先したいことなどによって、依頼する家づくりの会社は異なりますので、誰と建てるのが自分たちの家づくりには合っているのか? この記事を参考に、満足のいく依頼先を探してみてください。

また、6月28日に発売したReplan北海道121号およびReplan北海道121号デジタル版にて、「誰と建てる? ―工務店・建築家・ハウスビルダー」と題した特集記事も掲載していますので、そちらもぜひご覧ください!

(文/Replan編集部)