秋が深まってきたフィンランドは、今、紅葉が真っ盛りです。

フィンランドの紅葉

フィンランドの紅葉

フィンランドの紅葉

フィンランドの秋といえばキノコ狩りも人気ですが、毒キノコも多いので地元の詳しい人と一緒にいく必要があります。

きのこ
これはどうみても毒キノコに見えますね…

先日、ヘルシンキの中心部からバスで1時間弱のクーシヤルヴィという湖に行ってきました。美しい紅葉もさることながら、一番のお目当ては「公衆スモークサウナ」です。

一般的にサウナは電気または木を燃やして暖めます。スモークサウナは、木を燃やして室内を暖めるのですが、煙突がなく室内には煙が立ち込めています。そのためサウナ内はすすで真っ黒です。(曇ってしまって残念ながら写真はうまくとれなかったのですが。)

「サウナ」という言葉は実はフィンランド語。フィンランド人には欠かせない存在ですが、公衆サウナはどんどん少なくなってきています。なかでもスモークサウナはとても珍しいとのこと。スモークサウナは普通の木を燃やすサウナに比べて、準備に時間がかかるそうです。

湖畔の着替えスペース
ここは着替えをするスペース。夏は湖で泳ぐ人でにぎわうのですが、今の季節はサウナを利用する人たちが使います
スモークサウナ小屋
これはスモークサウナ小屋です。湖のすぐそばに建てられています

このスモークサウナは男女兼用で、水着を着て入ります。そして身体が温まるとすぐに、目の前の湖に飛び込みます!この日の水温は10度。フィンランド人は平気そうに泳いでいる人も多いですが、私は2分で限界でした…。

フィンランドの湖

身体が冷えるとまた105度の熱を発しているサウナに戻ります。今回はこれを4往復くらい繰り返しました。この劇的な温度差が身体にいいのかとてもよく眠ることができ、次の日は体が軽く感じました。紅葉とスイミングを同時に楽しむのは、とても不思議な気分。ちなみにここは冬も営業していて、サウナとともに、氷の張った湖に穴をあけて泳ぐアイススイミングが楽しめるんですよ。