最近、特に都市部では、住宅に適した広さの土地を探すのが難しく、地価も高騰しています。土地が見つかったとしても住宅街の中の狭い敷地だと「この環境で快適に暮らせるかな…」と心配ですよね。

「スキップフロア」は、そんな狭小住宅の強い味方!高さや奥行きの有効利用というメリットを最大限に発揮できます。今回はそんなスキップフロアを取り入れ、豊かな住空間を実現した狭小住宅の実例をいくつか、間取りや写真とともにご紹介しましょう。

[約21坪]
4層のスキップフロアでつくった
街中の狭小住宅

落ち着いた住環境が人気のエリアでご夫妻が見つけたのは、わずか13坪の小さな敷地。その条件の中で心地よく暮らすために設計されたのは、廊下的空間を最小限に抑え、スキップフロアを駆使した広さ約21坪、3階建ての住宅です。

屋内は、建物のほぼ中央に設けた階段によって、ペントハウスを含む4層分がスキップフロアで緩やかに連続。吹き抜けにした2階の中庭(プランタースペース)に落ちる陽射しが、各層にまんべんなく光を届けます。通常の階段の踊り場がそれぞれの居室を兼ねている、アイデアに富んだプランです。

狭小住宅のスキップフロアの断面図
断面図を見るとよく分かる、スキップフロアによる各フロアのつながり

狭小住宅のスキップフロアの平面図
駐車スペースもギリギリ確保しつつ、上層に向けて連なるスキップフロアの特徴がよく分かる平面図

狭小住宅のスキップフロアの階段踊り場
左手の壁から右手の開口部までの距離はたったの2m!にもかかわらず、明るさと開放感に満ちた空間に

狭小住宅のスキップフロアのダイニング
水まわりのあるフロアから上がるとダイニング、下がると寝室という究極的な間取り

狭小住宅のスキップフロアの寝室
ほの暗く落ち着きのある寝室は、明るさを優先したダイニング・キッチンの真下に配置

狭小住宅のスキップフロアの階段室
光庭となる中庭に階段を隣接させ、内装は白を基調とするなど、陽射しが回り込む工夫も
狭小住宅のスキップフロアの外観デザイン
3方向に隣家が迫る狭小敷地。左手の空き地にも将来建物が建つ可能性もあるとか

[約28坪]
開放感いっぱい!
パノラマビューが魅力の家

「家を建てるなら高台に」と決めていたご家族が見つけたのは、前面道路から3.5mも下がる高低差のある土地。しかも平坦な敷地面積は約36坪しかないという制約のなかで、建築家が採用したのがスキップフロアです。

道路に面した高い層を玄関のある2階に。ダイニング・キッチンからリビングへと下るスキップフロアにすることで、この場所の決め手となった見晴らしの良さをめいっぱい堪能できます。リビングの下には子ども室、さらに階段を数段下がったところに寝室・クローゼットと、主な部屋をすべてスキップフロアで構成。コンパクトで高低差がある敷地の難しさを感じさせないお住まいです。

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアの平面図
手前が前面道路となっていて、建物の2階レベルに玄関とダイニング・キッチン、水まわりを設けた。プランニングの難しい敷地条件ながら、家事動線などの使い勝手や暮らしやすさまで配慮されている

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアのダイニング・キッチン
2階の玄関に入ると、目の前がダイニング・キッチン。写真手前の階段を下ると半階下のリビングへ。ダイニング・キッチンの右手階段を上るとテラスへ出られる

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアのリビング
コンパクトながらも落ち着きのあるリビング。階層を違えることでダイニング・キッチンとは違った景色を楽しむことができる。天井が高く、くつろぎ感をさらに演出できている

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアのダイニング・キッチンからリビングの眺め
段々畑のような敷地の特性を、スキップフロアで上手に生かしたプラン。室内の見え方も変化に富んで、暮らしに刺激をもたらす
崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアの外観
外観を見ると、敷地の高低差と約36坪という平らな敷地面積のコンパクトさがよくわかる

[約28坪]
への字形とスキップフロアで実現。
ドラマチックな住空間

ご家族が希望したのは「木」をテーマとした、ゆったりとした暮らしを楽しめる「ほっこりする家」。先の事例と同じく高低差のある敷地に建つ狭小住宅ですが、こちらは建物をへの字形にプランし、スキップフロアを採用することでドラマチックな住空間を実現しました。

玄関から奥へと進んだ先で曲がる動線上でスキップする床面と、敷地の傾斜に沿うように流れる屋根なりの天井が、空間に広がりとリズムを生み、生活動線が劇場さながらのインパクトです。

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアの平面図
への字型に配置された平面プラン+スキップフロアで、眺望と室内の変化に富んだ見え方がよりダイナミックに

高低差のある狭小敷地のスキップフロアのリビング
ダイニング・キッチンから半階下りたリビングを見ると、角度を変えた平面計画による景色の移ろいが四季とともに体感できる

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアのダイニング・キッチン
リビングからスキップフロアでダイニング・キッチンへ。左手は外部デッキへと続き、ダイニング・キッチンへの回遊動線にもなっている。幅広の階段はリビングのベンチとしても活用できる

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアの外観デザイン
ミニマムな外観デザイン。道路面には大きな窓がなく閉じていて、プライバシーも保たれている

崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアのリビング天井
屋根なりの天井もスキップフロアとは好相性。空間がよりリズミカルなものになっている
崖地に建つ狭小敷地のスキップフロアの玄関内アプローチ
2階にある玄関からダイニング・キッチンへと伸びる廊下は、次第に広がる景色への劇的なアプローチに

たとえ敷地が狭くてもスキップフロアの取り入れ方次第では、空間を立体的に使って開放的で明るい家をつくることができます。「少し狭くても、利便性がいいところに家を建てて暮らしたい!」とお考えの方は特に、この狭小敷地でのスキップフロアのプランを参考にしてみてはいかがでしょうか?

(文/Replan編集部)

■関連記事:
気になる!スキップフロアのメリット・デメリット
平屋ならでは!スキップフロアのアイデア集