NPO住宅110番」は、住宅雑誌Replanが長年にわたって育ててきたインターネット上の家づくりのための「世論の場」です。住まいの悩みに、住宅建築の最前線にいる専門家のみなさんが回答しています。この記事では同WEBサイトに寄せられた皆さんからの投稿・アドバイスを抜粋(一部修正)しReplan誌面に掲載したものをさらに厳選してお届けします。

Q こちらは欠陥でしょうか??

質問者/奈良県・みきみき
記事No.17319/カテゴリ:工事ミス・トラブル

7年前に一軒家の建売を購入。南側が広場だったので台風などの風は直に受けておりました。最近裏に家が建ち、「すごいことになっているからそちらの大工さんにいいなさい」といわれ見に行くと、ベランダ下の材が下がっていました。これはベランダ自体ではなく下の材だけです。建売業者にいいましたが、保証が効くかわからないが直しますとの回答(たぶん無料で)。ですが、この状況、専門家ではないが家の建築に携わる方に聞いたら、どなたも欠陥であると。建売業者からは雨漏り等はないといわれましたが、本人不在の間になおそうとして、こちらから電話するまで直すことも、どのような状況かの説明もなかったので、信用できません。

できれば信用できるところで直して、その分の費用を支払っていただきたい思いです。ちなみに、初期で出すお金も裕福ではないので厳しいです(><)

A:回答者/(株)福地建装/HQ住宅研究所 ファース本部 福地 脩悦

写真で見る限り確かにずさんな施工であると推察され、不信感を持つことも理解できます。しかし対応策に順序があります。先ずは施工業者が修理することを承諾しており、信頼できないとの理由だけで修理を拒絶する訳にはいかないと思います。

先ずは、穏やかに対応して在るべき姿に修復してもらうべきです。その修復工事の後でも不具合が生じた場合は、費用面も含め、然るべき対応を行うべきです。このような事象では、施工工務店を上手に手なずけ、事象解決を行うことが賢いユーザー選択といえます。


▶ほかにもこんな質問があります。興味のある方はこちらもどうぞ。
基礎の鉄筋が出てきた
一級建築士事務所について…
木材にカビが 等

▶▶上記以外のその他に関する相談については、こちらをご覧ください。
NPO住宅110番[工事ミス・トラブル]カテゴリ最新の記事一覧